国際単位系

国際単位系(SI)は、さまざまな単位を統一し、相互の単位換算を容易にする目的で、1960年、国際度量衡総会で採択されました。

日本の計量法も日本工業規格(JIS)も国際単位系を採用しているので、基本物理定数もSI単位で表現することになります。

SIは、次の7つの基本単位から構成されます。

  • 長さ m(メートル)
  • 質量 kg(キログラム)
  • 時間 s(秒)
  • 電流 A(アンペア)
  • 熱力学温度 K(ケルビン)
  • 物質量 mol(モル)
  • 光度 cd(カンデラ)

また、基本単位を組み合わせた組立単位が存在します。
例えば、圧力の単位であるPa(パスカル)は

Pa⇒N・m-2
⇒kg・m・s-2・m-2
⇒m-1・kg・s-2

と表現できます。

例 次の物理量を組立単位で表現しなさい。
① 仕事率 W(ワット)
② 電位差V(ボルト)