エンドウ豆

メンデルは遺伝の規則性を発見した人物です。メンデルはエンドウ豆を用いて次のような実験を行いました。

丸い種子をつくる純系のエンドウのめしべに、しわのある種子をつくる純系のエンドウの花粉をつけて受粉させたところ、できた種子はしべて丸い種子でした。しかし、この種子をまいて育てたエンドウを自家受粉させると丸い種子としわのある種子の数の比が3:1となったのです。