つくば理数塾・家庭教師

茨城県つくば市の学習塾・家庭教師。自立学習、個別指導。数学(算数)・理科、英語、プログラミング、日常学習から受験指導まで。不登校対応。

「化学」の記事一覧

けん化価とヨウ素価

けん化価とヨウ素価はその意味を理解しておくのが大切。でも、結構忘れやすい。基準となる油脂がけん化価は1gでヨウ素価は100g。さらに質量の単位がけん化価はmgでヨウ素化はgと紛らわしいのだ。大学受験ではけん化価やヨウ素価 […]

復氷現象

復氷現象(ふくひょうげんしょう)とは、氷に圧力をかけることで体積が減って水になり、圧力を取り去ると氷に戻る現象です。 カーリング競技は、この復氷現象を利用してストーンを滑らせています。カーリングのリンクには、リンクを覆う […]

pH

pHの読み方は「ピーエッチ」や「ぺーハ-」など。水溶液の液性を表す指標です。 pHを求める式は pH \(=-\log_{10}\)[H+] この値が pH < 7 ⇒酸性 pH =7 ⇒中性 pH > 7 ⇒塩基性 と […]

未定係数法

複雑な化学反応式では反応式の係数まで覚えておくことは難しい。そのとき、係数を決定できる方法が未定係数法だ。 アンモニアの実験室での生成は、NH4 (塩化アンモニウム)に Ca(OH)2 を混合して加熱する方法が用いられる […]

アセチルサリチル酸ゴスケ

吉本新進気鋭のお笑い芸人『アセチルサリチル酸ゴスケ』大学時代の友人です。先日はガキの使いへの出演を果たしました。 ちなみに、アセチルサリチル酸とは熱や頭痛などを抑える飲み薬(解熱鎮痛薬)として用いられます。高校の化学では […]

ppm

ppmとは、『parts per million』の略で100万のうちに占める割合を意味します。(※頭文字のpはportionではない) つまり、割合が \(\dfrac{1}{1000000}\) なので \(\dfr […]

酸素の発見

ジョーゼフ・プリーストリーはイギリスの科学者で「酸素」の発見者といわれています。1771年当時、燃焼についてはフロギストン(燃素)説が主流でした。フロギストン説とは、燃焼とはフロギストンという物質の放出の過程である、とい […]

ファラデー定数

ファラデー定数(\(=9.65\times 10^4\) [C/mol])とは、電子の物理量あたりの電荷を表す定数です。イギリスの科学者、マイケル・ファラデーに因んでいます。ここで、硫酸ナトリウム水溶液の電気分解において […]

光ファイバー

光ファイバーは、石英ガラスまたはプラスチックで作られた人工的な繊維で光通信などに利用されています。 クラッドよりもコアの屈折率を高くすることで、ケーブルが少しくらい曲がっても光は繊維の中を全反射しながら進むことができます […]

半減期

大気中の14Cは、光合成によって二酸化炭素CO2として木に取り込まれるため、木に存在する14Cは大気中と同じ割合に保たれます。 しかし、気が伐採されたり枯れたりすると14Cが大気から補給されなくなるため、壊変によって木の […]

半透膜

一定の大きさ以下の分子またはイオンのみを透過させる膜を半透膜といいます。 例えば、デンプン水溶液と純粋な水をセロハン膜で仕切って放置すると、デンプン水溶液の液面が上昇し一定の高さで停止します。デンプン水溶液の液面の上昇を […]