反復練習

『読書百遍義自ら見わる』
(どくしょひゃっぺんにして ぎおのずからあらわる)

三国志にある言葉。

読んで意味が分からない書物も、繰り返し熟読すれば内容が理解できるようになる

の意。

昔の人は論語を素読していたらしい。

素読とは、意味は理解できずども声に出して読むこと。
子供が漢文を学ぶ際、素読が最適であるとされてきた。

「繰り返すこと」これが極意だろう。

スラムダンクで海南大付属高校の高頭監督は言った。

“本物のシューターは練習によってのみ作られる!!
あくなき反復練習だけがシュート成功率をアップさせるのだ!!””引用:スラムダンク

「あくなく反復練習」この言葉を気に入っていた。

読書百遍を解いたのは、三世紀の儒学者、董遇(とうぐう)。

彼が弟子に説いたのは
「書物を百回繰り返して読め、そうすれば自然と理解できるようになる」

三世紀も現代も学問習得の極意は変わらない。